自宅でできる筋力アップの食事

自宅でできる筋力アップの食事

筋力アップしたいなら、筋肉を鍛えなけらばならないのはもちろんのこと、なんといっても食事が重要です。
食事は体づくりに欠かせない大事な資本です。

 

 

ただ、栄養を取るばかりでは筋力はアップしません。
効率よく筋力をアップする食事についてご紹介します。

 

 

筋肉を作るのに必要な栄養素は、なんといってもタンパク質です。
筋肉はタンパク質を吸収しながら、強く大きくなるので、タンパク質が不足していては、いくら筋トレに励んでも筋肉がつきません。
それどころか、貧血など体が不調を引き起こす可能性があります。

 

 

タンパク質には、鶏肉・豚肉・牛肉・卵・マグロ・ブリなどの動物性タンパク質と大豆製品などの植物性タンパク質があります。この動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランスよく、まんべんなく摂取するようにします。
というのも、一口にタンパク質といっても、どれも同じ働きをするわけではありません。
同じタンパク質でも、食材によって働きが違うのです。

 

 

例えば、鶏の胸肉なら引き締まった筋肉を作る働きがあり、牛モモの赤肉なら脂肪をつけずに筋肉をつけるという働きをします。
また、卵ならタンパク質の他にビタミンやミネラルが含まれているので、栄養を十分に補給したいならもってこいの食材です。

 

 

毎日、肉が好きだからと、肉にだけ執着してタンパク質を摂るよりも、肉を食べたら次は魚、その後は大豆製品を食べるといったように、ローテーションを組んで食べてみましょう。

 

 

また、植物性タンパク質は良質ですが、植物性タンパク質ばかり摂って、動物性タンパク質が十分に取れていないと貧血になる可能性があります。動物性タンパク質は適度に摂るように心がけましょう。

 

 

植物性タンパク質には、カシューナッツやアーモンド、ピーナッツといった、おやつに最適な食材が豊富です。
小腹がすいたときは、脂肪の多いお菓子類はさけ、カシューナッツやアーモンド、ピーナッツで空腹をいやすようにしましょう。