たんぱく質の効果とは?

たんぱく質の効果とは?

筋肉をつけるためには、筋肉の材料となるタンパク質を摂取することが重要です。
では、具体的にどのような食事をしたらいいのでしょうか。

 

 

人間には体内で合成できない必須アミノ酸が9種類あり、毎日食事から摂取しなければなりません。
必須アミノ酸をどの程度含んでいるのかを表すものが、アミノ酸スコアです。
必須アミノ酸のバランスがよいほど数値が高くなります。

 

 

アミノ酸スコア100の食品は、卵、豚肉、牛肉、鶏肉、魚、大豆などです。
肉類、魚類、卵、乳製品、大豆などは、良質なタンパク質を含んでいる食品です。
大豆はアミノ酸スコアが100というデータもありますが、100ではないという意見もあります。
大豆は必須アミノ酸のメチオニンが不足をしているのです。

 

 

しかし、食品の組み合わせ方で不足する必須アミノ酸を補うことができます。
米には大豆に少ないメチオニンが含まれています。
一方、米はリシンが少ないのですが、大豆にはリシンが含まれています。
つまり、米と大豆を組み合わせることで、お互いに不足する必須アミノ酸を補うことができるのです。

 

 

納豆とご飯を食べるなど、相性がよいですよね。このような食べ方をすることで、必要なアミノ酸を摂取できます。
筋肉はタンパク質で構成されているので、筋肉アップにはタンパク質の摂取が重要ですが、それだけでは不十分です。

 

 

体を動かすにはエネルギーが必要です。糖質や脂質の摂取が少ないと、筋肉を分解してエネルギーを得るようになります。
糖質や脂質なども摂取しないと筋肉が分解されてしまうため、筋肉がつきにくくなるのです。

 

 

筋肉アップというとタンパク質摂取が大切という印象がありますが、糖質や脂質の摂取も大切です。
糖質はご飯やパンなどから摂取をしましょう。
砂糖も糖質が多いのですが、血糖値を急激に上げるので避けた食品です。
脂質は肉や魚などを摂取していると、自然と摂取できます。

 

 

肉よりも魚がおすすめです。魚には血液サラサラをサポートするDHAとEPAが含まれています。